英語教材レビュー

7+ENGLISHレビュー

 

7+ENGLISHを実際に購入してみましたのでレビューを書きます。

 

まずは箱!!30cm×20cm弱?くらいの箱にコンパクトに収納されています。

 

 

 

その内容は、

 

 

 

こんか感じでテキスト3冊CDが6枚です!!

 

 

7+ENGLISHはコチラ↓↓

【7+English】〜60日完全記憶英会話〜 世界の「七田式」の最新英語教材。600のネイティブ英会話フレーズを60日で完全記憶して英会話マスター

 

 

まずこの教材ですが私的にかなりシンプルな構成になっており英語初心者には
かなりオススメです!!

 

この教材は例えば「仕事上英語を話さなければいけなくなった」「子供でも簡単に日常英会話ができるようにしたい」とお考えの方にピッタリの教材だと思います。

 

構成としては、実際にかなり高頻度で会話で使う「フレーズ」を厳選しCDと数冊の本を使って
覚えていく仕組みになっています。

 

例えば

 

<DAY1>

 

・I like to〜

 

「私は〜することが好きです」と言いたい時に使用するフレーズです。

 

この「〜」の部分に違う単語を10個があらかじめ収録されていて、CDの音声を
追いかけるようにして覚える。

 

 

 

 

これだけです!!

 

 

しかも、各単語ごとにしっかりと意味や発音記号も載っており
初心者にはとても親切な作りになっております。

 

フレーズで言えば全60フレーズが収録されており、約60日で終わる仕組みになっております。

 

なので一日約10分程度で終了してしまいますので、毎日多忙に働かれているアナタにももってこいの
英語教材ではないでしょうか?

 

実際に7+ENGLISHに目を通していると、知っていると知らないでは雲泥の差がでるフレーズばかりです。
 

 

 

<例えば>

 

”私は車を運転したいです”

 

これを英語に訳すとどうなるでしょうか??

 

 

 

 

答えは「I'd like to drive a car」または「I want to drive a car」となりますね(^^)

 

 

 

では、”アナタは私に運転して欲しいですか?”はどのように訳しますか?

 

 

 

答えは「Do you want "me" to drive?」 と wantto の間に「me」を入れてしまえばいいわけです!!

 

 

 

これって中学校で覚える文法でしょうか?(私は20歳を過ぎてから覚えましたが笑)

 

今、こうやって書いていると、このフレーズを初めてみた方ですと「ん?なんだ??」と思われる方も
いるかもしれません。しかし、こまかな文法を気にするのではなく

 

「Do you want me to 〜」”アナタは私に〜をして欲しいですか?”とフレーズで覚えてしまえばいいわけです。

 

 

大人になると、いちいち文法の構成を気にしてしまいがちですが、アナタが日常英会話を話せるレベルを目指しているのであれば、今はそんなこと考える必要はないと思います。なので「コレはコレ」とフレーズで覚えてしまうだけでいいわけです!!

 

そういった点からも、この教材は小中学生のお子さんにも最適でしょうね!!小さい頃だとやはり何かと
語学を覚えるのは大人に比べて利点が多いので、その年代の子が苦なく英会話を覚えていくには
最適な教材だと思います。

 

 

なので、文法の細かい部分を気にせずにスーッとフレーズが頭に入ってくる感覚で覚えていけると思います。

 

子供に比べると大人は変に先入観等が入ってしまい、フレーズの意味や構成を考えようとしてしまう
傾向があると思います。現に私がそうでした。

 

しかし、「では大人の自分には無理だ・・・。」というわけではもちろんありません!!

 

これも現に私がそうです笑

 

私は20歳の時にアメリカへ英語力ゼロ(謙遜ではなく本当にゼロ)の状態で渡りました。
当時は本当に全く英語が話せず、「死なないでしょ!!」という感覚で渡米しました笑
当然アメリカ国内での乗り継ぎもわけが分からず、目的地ボストンに昼に到着予定が
乗り継ぎの州(アトランタ)で飛行機を逃してしまい、ボストンへ着いたのが結局夜中
になってしまいました(^_^;) しかも、飲み物一つ注文のできない私はお店の前でオロオロ・・・。
それを見かねた親切なアメリカ人のオジサンに助けてもらう始末・・・(^_^;)
この話はまた下記で書きますね。

 

また、CDに録音されている音声は1.5倍速3倍速の二つしか収録されていません笑

 

順番としては、

 

@1.5倍速
 
A3倍速
 
B1.5倍速

 

となっており、最初の1.5倍速の時点で「ただでさえ英語は聞き取れないのに1.5倍速はムリだよ・・・。」と
感じる方もいると思います。

 

それが3倍速になると「エッ、エッ・・・・・・チーン・・・」となる方も多いと思います笑

 

 

 

しかし、最後の1.5倍速を3倍速の後に聞くとビックリするほど遅く感じてしまいます。

 

私も最後の1.5倍速を聞いたときは「ん?これ普通のスピード?もっと遅い?」と感じ
1.5倍速だということにとても驚きました。これは本当に良く作られており、この数十秒で
最初聞き取れなかった英フレーズが本当に聞き取れるようになります!!

 

7+ENGLISHはコチラ↓↓

【7+English】〜60日完全記憶英会話〜 世界の「七田式」の最新英語教材。600のネイティブ英会話フレーズを60日で完全記憶して英会話マスター

 

このスピードにはしっかりとした理由があり、その前提にあるものが「右脳を最大活用する」ということです!!この教材の監修を務めたしちだ・教育研究所の取締役でもある七田厚さんはこう言っています

 

「この完全記憶(フレーズ等)を実現するためには、”右脳”の使い方が最大のポイントです。従来の英語の授業では教師は理解と理屈を求めていきます。しかしこの働きはスローな左脳で処理され、ごく表層的な一時記憶にとどまってしまいます。それに対して、直観とイメージをつかさどる右脳は、超高速コンピューターのようなものです。右脳を使った学習は情報が潜在意識まで届き、完全な記憶となるわけですが、その記憶力は半永久的で、左脳に比べ、格段に高速・大量に記憶すことができるのです。」

 

確かに、早いスピードで流れてくる英語を聞くと、聞き取ろうと必死になり、音声が流れている間に余計な
事を考えずにすみますからね。例えば、文法の構成だとか、単語の意味だとか・・・・。

 

これは私もアメリカへ留学したての頃は現地の語学学校に通っていましたが、似たような経験があります。

 

英語の勉強を始めた当初は相手が何を言っているのか?と単語やフレーズを聞き、それに対しての
返答を一度頭の中で日本語から英語に変換させたり、フレーズの構成をわざわざ理解しょうとして
話していました、そうすると会話に変な「間」ができてしまい、会話がうまく流れにのれず最終的には
話が盛り上がらずに終わってしまうという経験を何度もしたことがあります。

 

 

しかし、私の場合イヤでも英語に触れないといけない環境にあったため、少しずつですが発見したというか
自然とそうなってきたことがあります。

 

それは、「大体日常会話で使うフレーズは決まってくる!!」です。これはこの教材でもその様なことを言っていますがその通りです!!これはネイティブスピーカーでも同じことです。実際に彼等の英語を聞いているとスピードは速いしなんか難しそう。。。と思う方もいるかもしれませんが、結構良く使うフレーズは決まってますので、そのフレーズをそのまま覚えてしまうことは日常英会話を習得するには近道だと思います。

 

なので、少しずつそういった「良く使うフレーズ」を自然に覚えていくことで、英語を話すスピードや
会話中の変な「間」がなくなってきました。また、何度も使っているフレーズはいちいち頭の中で日本語から
英語へ変換せずにそのまま英語が口から出てくるようになります。そうなると就寝中でも英語を話している
夢を見出したりしましたね(^^)

 

余談ですが、英語の環境に自分自身触れることが多くなったり、英語を話すことが増えてくると
良く「英語を話している夢を見る!!」と聞いたことありませんか?
これって何も海外に住んでいて、常に英語を四六時中話さないと「見れない夢」では実はありません。
これは私の経験なんですが、アメリカに住み始めて数年が経った頃に初めて英語をはなしている
夢を見ました。そして7年のアメリカ生活を終え日本に帰国して英語をまったく必要としない
企業に勤め、そこから約3年程英語をまったく使わない生活を送っておりました。
その3年間はそれまで頻繁に見ていた「英語の夢」を全く見なくなりました。
しかし、この1〜2年仕事で英語を使うことがかなり増えてきました。そうすると昼寝ですら
英語の夢を見るようになってきました笑
なので、アナタもこういった英語教材を使うことでそういった「英語の夢」を見るようになってくると
私は思います。

 

 

話を基に戻して、簡単な例を使うと、私達日本人定番のこのフレーズ

 

Q)How are you?
 
A)I'm fine thank you, and you?

 

です。一度は聞いたことありますよね?

 

これはHow are you? と聞かれ、頭の中で「元気?という意味だ!”私は元気です”と言いたいから、I am....」となるより、How are you?と聞かれたら定番のアレだから「I'm fine thank you, and you?」といちいち頭の中で日本語から英語に訳さなくても「I'm fine thank you, and you?」というフレーズがポーンと出てきませんか?

 

これは昔から何度も聞いたり、日本人の中で英語の「定番フレーズ」となっているからだと思います。

 

こういったいちいち頭で日本語から英語に訳さなくてもパッとでてくる「英語のフレーズの引出」をいくつもアナタの頭の中に作ってしまえば良いわけです。

 

しかし、そうは言ってもたった一度聞いただけでそんな簡単にいくつもフレーズを覚えられる自信がないよ!!と感じますよね?

 

 

 

 

 

大丈夫です

 

 

 

 

 

そういったところもしっかり考慮されており、4日わけてしっかわけて復習ができるようになっております。
正直、「復習」と聞くとなんか面倒なイメージがありませんか?でも、何もメンドクサイことをするわけでもないです。しかも、音声も1.5〜3倍速なのでサーッと復習が出来てしまうので、通常メンドクサイと感じる復習を
容易にしてくれるのも「7+ENGLISH」の大きな魅力の一つだと思います

 

 

 

 

ただ、メリットばかりではなくデメリットもあります。

 

こういった方にはこの教材は物足りないと感じると思います。

 

 

・留学経験がある方。
 
・すでに何かしらの形で日常で英語を話している方。
 
・海外の友人、知人が多くコミュニケーションであまり英語に不便を感じていない方。
 
・日常英会話に不便を感じていない方。

 

 

他にもあると思いますが、簡単にいうとこのようにすでに何かしらの形で英会話の経験がある方です。
この様な方にはこの教材は「役不足」を感じると思いますのでオススメしません。
もう少し言うと、日常英会話に不便を感じていない方ですと、この教材に載っているフレーズの
大半は「すでに知っている」ものばかりだからです。
実際に私もこの教材に目を通してみましたが、やはり収録されている内容のほとんどは
「すでに知っているし、実際に良く使っている」ものばかりでした。

 

日常英会話習得者で「復習」のためにと検討される分にはとても良い教材だと思います。
分かりやすいし、長時間拘束されませんので。

 

ただ、日常英会話よりずっと上のレベルの英語の習得を目指している方には向いてないと
思います。

 

あと、文法などを学生時代にしっかり学ばれている方にも、とくに新しい文法が収録されているわけでは
ないと思います。

 

しかし、これは私個人の意見ですが、まだ私がアメリカの語学学校に通っていた時のことですが、
日本人はとにかく文法が本当に強いと感じました。(私は全くでしたが(^_^;))
なので、読み書きのクラスでは他の国から来た学生に教えたりという風景を良く目にしました。
しかし、会話となると立場が逆転します。クラス内でバンバン話しているのは読み書きのクラスで
日本人の学生から文法などを教わっていた他の国の学生なんてこともざらにありました。

 

 

日本人は文法は分かっているけど、いざ発言を求められると言葉にかなり詰まる人が多かったです。

 

それに比べ他の国から来た学生は次から次へと発言していくので、それが余計にプレッシャーとなり
日本人の学生が委縮して話せなくなるというパターンが多かったですね。

 

極端なことをいうと、

 

 

どんなに文法や単語に強くてもいざ英語を話さないといけない場所にでくわして話せないのであれば、それは会話では意味がないのです。 
 
 
「○○のフレーズをわかっている」のと「実際にそのフレーズを使って会話が出来る」とでは会話の中では全く違うのだと私は思います。

 

なので、文法には強いが、会話になると全く・・・。という方にもこの教材はオススメです。

 

グローバル社会の今の世の中、書店に行けば信じられない程の英語教材の数々。
一体何が良くて何が良くないかすらわからない状態・・・。

 

 

 

インターネットを開けば膨大な英語に関する情報が溢れかえっています。

 

また、
「これから英語を始めよう!!」「これまで何度も英語教材を購入しトライしたがダメだった。。。でも英会話習得の夢を叶えたいし挑戦したい!!」はたまた「仕事で海外転勤になり日常英会話の習得が必要」

 

と、理由は様々だと思います。

 

英語が話せなくても、現在のアナタの環境が悪くなることも少ないでしょう。

 

しかし、英語が話せるようになると、私の経験ではほとんどがプラスになります!!
仕事の幅の広がりますし、各国に友人が出来るので世界に目を向けられるようになります。
何より、私の場合は「視野」が広がりました!!

 

 

 

 

仕事でも「今度はオーストラリアに進出したい!!」、「最終的にはアメリカだ!!」と
英語を話せない昔の私にはまったく想像のつかない事でした。

 

しかし、英語を習得したことで(現在も英語スキルアップのため継続中)ビジネスの幅を
海外まで広げることができ、現在はビジネスパートナーを台湾に持ちアジアを拠点に
オーストラリア進出も検討中です。

 

これは他人事ではなく、アナタにも十分に起こりうることです。
なぜなら、アメリカに渡りBe動詞から始めた私ですらここまでは出来たの
ですから(^_^;)笑 アナタに出来ないはずはありません。

 

 

7+ENGLISHも私なりに、英語全くの初心者の方やお子さんの英語教育に最適な教材を色々調べてこれが良いのでは?と検討しオススメしている教材です。また、アメリカへ渡米する前の私が「こんな英語教材があったら良かったな」という教材を念頭に置いて探しました(^^)
 
 
聞き流す英語教材を良くTVなどで見たりしますが、私個人的には聞き流すだけで
英語が話せるようになるとは思いません。

 

そのような物に高額を払うのであれば、私は7+ENGLISHをお勧めします!!

 

近い将来、アナタの英語力が今と比べ物にならないレベルになっていればなによりです(^^)/

 

 

7+ENGLISHはコチラ↓↓

【7+English】〜60日完全記憶英会話〜 世界の「七田式」の最新英語教材。600のネイティブ英会話フレーズを60日で完全記憶して英会話マスター

 

 

 

Your attitude determines your direction!!